デリケートなアスペルガー症候群の葛藤

毒親・機能不全家族、アスペルガーの二次障害うつ病女性の病床日記

無意識に自分に似たキャラを好きになる?

例えば、TV版Zガンダムのカミーユ、TV版エヴァの惣流。スパロボつながり。


カミーユについては、ぷっつんカミーユというデフォルメキャラとして初めて知り、その後スパロボ、アニメといきまして、あのカミーユ!?という状態でした。あくまでぷっつんカミーユは別物というか、ただの愉快でかわいい不思議キャラでいいと思います。しかし本家の大元の彼はどんなキャラだったの?とアニメを見始めたら・・・


カミーユ:父の浮気で家庭は冷え切っている、おそらく彼もACと言っていいと思う。ガンダムシリーズ2番目の主人公。5話でのカミーユの台詞が、胸に突き刺さりました。「両親に親をしてほしかった」何それ、私と同じじゃない、って。
ニュータイプとして共振する繊細さを持ち合わせる彼は、最終的に精神崩壊し、物語は幕を閉じます。ある意味避けようがなかったエンディングだと思います。


惣流:父親は浮気、生みの母は実験による後遺症と夫の浮気で精神崩壊、母の自殺と精神崩壊時の母のせいで、人形コンプレックスに無意識に陥っている。父の愛人にひきとられ育つ。弐号機パイロット、セカンドチルドレン。


22話での国際電話のシーン。他人行儀でそわそわした仕草の惣流。普段強気でエリートであることで自分を保っていたアスカは電話から解放され、甘えの関係であるシンジに思わず自身のことを口走り、ハッとする。この時彼女は生理でスカートをはいています。話は進み、精神汚染を使徒という敵から受け、彼女は弐号機パイロットという唯一の存在理由と居場所を失うことになります。その後彼女は失踪、げっそりと頬がこけ、廃屋で発見されます。その後は精神汚染された状態で眠ったまま、瞳をあけて起きていても人形のような状態に。


この2名のキャラは、アスペルガー症候群ではありませんが、AC・機能不全家族という点、そして最終的に精神崩壊(うつとはまた違うとは思う)そして2を背負う者たち。カミーユは2作目ガンダム主人公、明日かはセカンドチルドレンで精神汚染でズタボロになるのが22話。


放っておけないから好き、が。月日がたち別の見方をすると、アスペルガー症候群以外の3点、「父の裏切り、機能不全家族、末路の精神崩壊」というのが自分と同じで、ゾッとしたんです。


カミーユのNT(ニュータイプ)能力、共振で、敵対するフォウ・ムラサメの苦悩が脳に直接伝わってくるシーンでは胸が締め付けられました。カミーユとフォウは、わかりやすくいうと、ロミオトジュリエットかな。敵対する軍に所属して、フォウは死亡してしまう。今でも色濃く覚えているのが、フォウの亡骸を抱きしめ、髪をなでるカミーユ。


思い出すだけで涙が出ます。非常に感傷的になってしまった今は、どちらの作品も見返すことも、辛すぎてできません。もう嫌なんです、好きなキャラが酷い目にあったり傷ついたり死んでしまう物語は。だからアニメを見なくなりました。ごくたまに、短くてかわいくて、ブラックユーモアがないただただ平和なアニメは見ますが、ほぼ私が望むアニメはありません。


なければ過去のアニメで埋もれている、素晴らしい作品を探せばいいのです。結構あるんですよ。エヴァがオマージュしたデビルマン誕生編OVAとか。セル画時代の、最近デビルマンリメイクがあるみたいですが、(すみません、情報を断っているので、詳しくは知りません)おすすめです。


アニメで好きな話になると、長くなっちゃいますね。おつかれさまでございました。