デリケートなアスペルガー症候群の葛藤

毒親・機能不全家族、アスペルガーの二次障害うつ病女性の病床日記

午前はもう終わった。しかるに。

嘘はだめだからね。相手にしないけど。


せめて好きなことをして人生歩んでこうとして生きてます。その為に阻害するありとあらゆるものを叩き潰していってます。当然体ズタボロです。でも負けない。好きな事には夢中になれる、今までもこれからも。


頭に来てるから口調コントロールできません。
医者ってのは隙間産業にねづく寄生虫。そのとり巻きもそう。年老いた恒例の患者さんの悪口を耳が遠いからと壁のすぐ隣でくっちゃべる女ども。くそくらえ。おまえら歳くっておなじようなやつに同じこと言われる時が来るのわかってないだろ。


医者や病院を見捨てた。診察と処方薬は飲むが、早く減薬して、うつとおさらばするのさ。元の自分に戻るために。自分はそれができる。好きなものがある。その為になら体と心の限界を越えられる。だからふんばって体ボロボロにしてでもつきすすんでやる。


自分の人生だから。